緑の学校 その

源実朝の『金槐和歌集』の花と緑

 

 

11月20日、月曜日、晴れ。

今日は、湯浅先生の本年度最後の講義です。

鎌倉幕府3代将軍、源実朝が編纂した『金塊和歌集』をとりあげ、

歌集が生まれた背景や、歌から読み取れる鎌倉の古環境をたどりました。

 

 

鎌倉・室f町・江戸幕府を通して、39人の将軍がいるなかで、歌集を編纂したのは源実朝ただ一人。

世界的にも稀有な例とのことです。

湯浅先生のお話は、『金槐和歌集』成立の背景からはじまりました。

 

 

若くして将軍の位につき、母・政子や周囲の人間に従わざるをえなかった人生。

そのことへの反抗と、周囲の反対を押し切って京からもらった嫁がもたらした京文化への憧れ。

『新古今和歌集』に父・頼朝の歌が2首入っていることや藤原定家の影響等々。

実朝が歌の世界にのめり込んでいった、背景や境遇を考えると、

鎌倉時代に生きた実朝のことが、とても身近に感じられます。

 

 

また、歌は当時の植生や地形を知るための一級の資料になる、というお話もありました。

〜鶴岡仰ぎてみれば嶺の松 こずゑ遥かに雪ぞつもれる〜

〜八幡山木たかき松にゐる鶴の はね白妙にみ雪ふるらし〜

〜梓弓磯べに立てるひとつ松 あなつれづれげ友なしにして〜

などの歌をとりあげて、その当時の鎌倉の古環境(古植生や古地形)をふりかえってみました。

 

金槐和歌集に詠まれた植物から、サクラ、マツ、ウメ、ハギ、ヤマブキなど、

実朝が愛でた大倉御所の庭の風情を想像し、実朝自身の人柄に思いをはせることにも面白さを感じました。

 

本年度の緑の学校は次回で最終回、自然観察「鎌倉の紅葉」です。

お別れ遠足を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑のレンジャー・ジュニア その

緑地のパトロールと竹林の管理作業(かんりさぎょう)

 

 

11月11日、土曜日、晴れ。

今日のジュニア・レンジャーは、常盤山(ときわやま)の竹林の手入れをし、尾根道をパトロールしました。

 

 

今歩いている常盤山は、鎌倉三大緑地の1つです。

 

 

手入れをしない山林には、モウソウチクがふえすぎて、うす暗く、風通しも悪くなります。

まずはタケのきりかたを教わります。

「このように、ノコをあてるんだよ」

 

 

 

自分がきりたいタケが見つけて、指導員の先生といっしょにきります。

 

 

切ったタケは、えだを落とし、えんぴつ立てや花入れ、タケわんなどにします。

タケてっぽうにちょうせんした人もいました。

 

 

切り口にはやすりをかけます。

 

 

木でも草でもないタケは、1日に20リットルもの水をすいあげて成長します。

今日のレンジャーの作業で、他の木にも光があたるようになったり、

林に風が通るようになったのではないでしょうか。

 

 

作業のあとは、ドングリをひろったり、タヌキのけものみちを見つけたりしながら、

尾根道をパトロールしました。

 

来月は「鎌倉文学館」に野鳥の巣箱のかけかえに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑の学校 その

 

ネイチャートレイル 鎌倉―横浜

 

 

11月6日、月曜日、晴れ。

本日の緑の学校は、鎌倉から横浜へのロングコース。

鎌倉霊園正門前から広大な霊園を抜けてハイキングコースにはいり、

市境を越えて、「横浜自然観察の森」を訪れました。

 

 

モミジバフウの紅葉を見ながら、静かに霊園を抜けます。

 

 

ハイキングコースの手前。

「このあたりは『近郊緑地特別保全地区』に指定されている、特に良好な自然環境を有する地域で、

 後ろの深い緑の山は鎌倉の秘境と呼ばれる番場ヶ谷。谷底には、滑川に合流する吉沢川の源流があります」

という説明がありました。

 

 

ハイキングコースの入口で、林縁の植物を観察してます。

 

 

 

シロダモの花は1年をかけて、赤く熟すそうです。

 

 

ヤブコウジも赤い実をつけています。

「ヤブコウジ・スダジイ群集は、常緑広葉樹林の多い鎌倉らしい植生です」と。

 

 

小さな花の構造をルーペでのぞいたり、シダの種類を観察したり、野鳥の声に耳を澄ませたりして・・・、

 

 

ようやく市境に到着。

 

 

「横浜自然観察の森」で昼食を食べ、午後の観察はアオジの声からはじまりました。

 

 

ヘイケボタルの湿地では、種をつけたツリフネソウ、アサザ、アキノウナギツカミなどを観察。

 

 

今日の自然観察もそろそろ終了です。

近くの草むらでは、クサヒバリの音が聞こえていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



明日(10/21)のこどもエコパーク雨天予報のため中止します!!

こどもエコパークご参加のみなさまへ

 

明日(10/21)の広町緑地での「お米づくりの作業体験(脱穀)と散策」は、雨天予報のため

中止>といたします。

 

なお、次回11月は「自然素材でつくろう!」(テーマ変更しました)です。

詳細はつぎのとおりです。

 

11月こどもエコパーク「自然素材でつくろう!」

 

<内容> 公園にあるドングリや木の枝などを使って、コマややじろべえなどを作りま 

      す。

<日程> 11月4日(土)

<集合> 930 @鎌倉中央公園 管理事務所前

雨天決行(雨天時は事務所前エントランスにて開催)

<解散> 1200(予定)     

<持ち物> こども用軍手、飲み物、タオル など

         ※お弁当は必要な方のみ



緑のレンジャー・ジュニア その

木の実・草の実をさがそう!  ――鎌倉中央公園――

 

 

10月14日、土曜日、雨。

 

この季節の植物たちは、木の実・草の実をいっぱいつけています。

 

 

今日のジュニアの活動では、お気に入りの木の実・草の実をあつめて、

「私(ぼく)の、秋の植物図鑑」をつくりました。

 

 

「風でとぶ種、はじける種、何かにくっついて運ばれる種・・・、

 種にはいろんなちり方があります」

 

 

 

「さあ、お気に入りの木の実・草の実をさがしに行きましょう」

小雨がふっていましたが、レンジャーは元気に、木の実・草の実をさがしに出かけました。

 

 

「てぶくろやズボンに、勝手にくっついてくるよ〜!」

「とれな〜い!」

「虫もいっしょにくっついてきた〜!」

 

 

木の実・草の実をもって部屋にかえり、私(ぼく)だけの植物図鑑づくりに熱中しています。

 

 

 

 

指導員の先生から植物名(しょくぶつめい)も教わって、すてきな秋の植物図鑑が完成しました!

 

 

 

 



緑のレンジャー・シニア その

造園のプロに学ぶ ――源氏山公園――

 

 

10月7日、土曜日、小雨のち晴れ。

今日のシニア講座では、造園のプロから「吊るし切り」について学びます。

 

 

太枝を剪定するときは、落下によって他の枝や家屋などを傷つけないようにしなくてはなりません。

そういうときに用いられるのが「吊るし切り」という剪定技法です。

切断する枝をロープで吊るし、力を制御しながら切断した枝を下へおろします。

 

 

まずは吊るし切りの原理から。

 

 

さっそく実践です。


 

 

 

成功です。

 

 

切断した枝は、皆で段取りよく片付けます。

 

 

最後にロープワークを復習しました。

 

 

今回も天候があやぶまれましたが、講座が終わるころには、秋の日差しも心地よく・・・。

石川造園さん、津田造園さん、本日はありがとうございました。

 

 

 



緑の学校 その

湿地の動植物 ――鎌倉中央公園――

 

 

10月2日、月曜日、曇り。

深まりつつある秋のなか、鎌倉中央公園で湿地の動植物を観察しました。

 

 

このあたりはもともと旧深沢村山崎地区の人たちが耕作していたところだそうで、

田畑のある里山の風景とともに、今では貴重な自然環境となった湿地が残されています。

 

 

観察に出かける私たちを見送るように、アオサギが飛来しました。

 

 

カツラの林には、メイプルシロップのような甘い香りがただよっています。

 

 

  

 

このあたりには毎年、ミゾソバとオオミゾソバとツリフネソウが咲き乱れるのですが、

どういうわけか今年はツリフネソウが激減していました。

 

 

よく似た植物の個々の特徴や見分け方を知ったり、

 

 

童心にかえってイナゴやバッタをさがし、虫の音に耳を澄してみたり、

 

 

 

ルーペをのぞいては、植物の造形やそこに秘められたしたたかな生き残り戦略に感嘆!

 

 

講師の先生のナビゲートによって、さまざまな角度から自然にアプローチし、五感で感じ、

堪能した一日でした。

 

今月は10月23日に、湯浅浩史先生の座学、

「源実朝の金槐和歌集の花と緑」があります。

お愉しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑のレンジャー・シニア その

枝払い・間伐  ――散在ガ池森林公園――

 

 

9月23日、土曜日、雨のち曇り。

今日のシニア講座は、先週の公園巡回で選んだ枯損木の処理。

 

 

印をつけた木を見ながら、木を伐るためのプランニングをします。

 

何が問題なのか?

まわりの環境はどうか?

どちらに倒せばいいか?

どのような道具が必要か?

 

 

 

周辺の枝や下草を整理し、作業環境を整えてから、交替で鋸を入れます。

 

 

受け口・追い口をつくって、うまく伐倒できました。

 

 

伐倒した木は、玉切りにして処理。

 

 

切り株の年輪を読みながら、その木がたどってきた歳月や環境のことを話し合っています。

 

 

池の畔でお弁当を食べたあと、午後はロープワークを練習しました。

 

来月は、造園のプロに「吊るし切り」の方法を教わります。

 



緑のレンジャー・シニア その

公園・緑地の巡回 ――散在ガ池森林公園――

 

 

9月16日、土曜日。曇り、雨、小雨、曇り、雨・・・。

「雨は昼から」という天気予報をあてにして、散在ガ池森林公園に向けて出発すると、

ポツポツ雨が降り出しました。

台風が近づいています。

 

今日のテーマは、「公園・緑地の巡回」。

散在ガ池森林公園の園路を歩いて、樹林の植生を知り、公園としての景観や安全性をチェックします。

そして、手入れが必要な樹に印をつけて、次回の講座で枝払いや間伐をするのです。

 

 

森林インストラクターの先生に樹種や特性を聞きながら、実習現場へ向かいます。

 

 

 

実習現場では、みんなで森全体を見渡してみます。

 

 

手入れが必要だと思う樹に印をつけています。

 

 

何が問題で、どのように処理するのか、自分たちの手に負えるのか、などを検討して、

作業する樹の選定がおわりました。

 

 

いつのまにか雨もやみ、濡れた樹々を観察しながら園路を一周してもどりました。

次回は、いよいよ実習です。

チームで協力しながら作業をやっていきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 



緑のレンジャー・ジュニア その

緑地のパトロールと里山の生きもの ――鎌倉広町緑地――

 

 

9月9日、土曜日、晴れ。

レンジャーの大切な活動の1つに、緑地のパトロールがあります。

今日は鎌倉の三大緑地の1つである鎌倉広町緑地を歩いて、ハイキングコースの状態をチェックしました。

 

道は歩きやすいかな?

がけくずれや倒木(とうぼく)はないかな?

どんな草木があって、どんな生きものがいるかな?

ゴミは落ちてないかな?

 

 

広町に源流をもつ神戸川からスタート。

 

 

アユがあつまって、アユ玉になってますね!

 

 

 

広町に到着(とうちゃく)。ガマの穂(ほ)の説明聞きました。

 

 

オオシオカラトンボとハチのバトル。

 

 

 

コゲラ。                    キツツキの穴がある倒木。

 

 

 

ウサギの食痕(かじりあと)。          ウサギとタヌキの食痕。

 

 

無事終了(ぶじしゅうりょう)。 今日は暑かったので、パトロールもなかなかたいへん。

おつかれさまでした!

 

 

 

 

 

 


| 1/31PAGES | >>