緑の学校 その

海辺を歩く

 

 

6月18日、月曜日、曇りときどき小雨。

今回の「緑の学校」は、”海のある街・鎌倉"ならではの海辺の自然観察。

開催場所は、唱歌『鎌倉』に♪〜剣投ぜし古戦場〜♪と唄われた稲村ケ崎です。

 

 

講座のはじめに、

「このあたりの樹々はほとんどが常緑の照葉樹です。

 植物は、強い日射し、激しい温度変化、強い潮風や乾燥に耐えるべく、

 肉厚で光沢がある葉や長い地下茎をもつなど、海岸性植物特有の特徴をもって、

 過酷な環境を生きぬいています」

と説明がありました。

 

 

海岸の崖地から観察開始。

 

 

 

ハマボッス、ハマダイコン、ハマヒルガオ、ハマウド、ハマカンゾウ、ツルナ、

ボタンボウフウ、ラセイタソウ、ハマカンゾウ、タイトゴメ、コウボウシバ、

ハマエノコロ、イワダレソウ、ハマナデシコなどを観察。

 

 

稲村ヶ崎と七里ヶ浜の間に注ぐ音無川。

例年は川底におり、カニや小さな魚など河口の生きものを観察するのですが、

今回は増水していて無理でした。

 

 

 

午後からは、浜辺に漂着していた海藻を観察。

鎌倉の近海には300種前後の海藻が生い茂っていて、海の生きものをはぐくみ、

豊かな生態系に重要な役割をはたしているとのことです。

 

 

今日も講師の先生のナビゲートで、海辺の自然観察のおもしろさを

満喫していただけたのではないでしょうか?

心配していた雨も何とかこらえてくれて・・・、感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑のレンジャー・シニア その

道具の使い方

 

 

6月16日、土曜日、曇り。

梅雨です。

いろんな天気予報を見比べながら、雨だろうなあと思っていましたが、

講座時間中、天気はなんとかもってくれました。

 

 

緑の管理作業では、多くの道具類を使いますが、

今日ははじめての実技。

道具の使い方と手入れ方法を学びます。

 

 

 

レンジャーの常備装着スタイルは、ヘルメットにベルト、手ノコ、手バサミ。

その他には、ゾーリン、刈込バサミ、太枝切、高枝切、ロープなどがあります。

 

 

 

 

 

鎌倉中央公園の子供の森で、実際に一通りの道具を使ってみました。

 

 

 

次の作業で使いやすいように、ロープをきれいに巻いておきます。

 

 

森での作業は終了。

 

 

最後は使った道具を手入れして終了しました。

めまぐるしく、いろんな道具を使ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

時間が短かったので、少し物足りなかったかもしれません。

これからの講座、楽しく安全にやっていきましょう。

よろしくお願いします!

 

次回は、7月7日(土)、「身近な庭木の手入れ」がテーマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑のレンジャー・ジュニア その

散在ガ池森林公園・川を調べてみよう!

 

 

6月9日、土曜日、はれ。

 

今日の緑のレンジャー・ジュニアの活動場所は散在ガ池森林公園。

「せせらぎの小径(こみち)」で、川とその周辺の自然を観察しました。

 

▼水生生物のコードラート調査

 

 

川のなかに1メートル四方のわくをつくり、そのなかにどんな生きものが

どれだけいるかを調べました。

 

「こういうときは、下流から上流へ進むんだよ。そうしないと、水がにごってしまうでしょ」

「生きものをさわるときは、かならずぬらした手でさわってね。かわいた手でさわると

 生きものにダメージをあたえてしまうよ」

と観察のコツをおそわります。

 

 

マシジミ、ヒメタニシ、サナエトンボの幼虫、カワニナなどがいました。

 

 

▼川の観察と流速計測

 

 

上流からフロートという小さな風船を流して、

1秒間にどれだけながれるかを計測しました。

 

 

▼ハンノキの観察

 

 

水辺で生育するハンノキ。みきや葉っぱに紙をあてて、フロッタージュしました。

「写生しなくても葉脈やギザギザ、凸凹のようすがよくわかるよ」

 

 

▼植物のコードラート調査

 

 

1メートル四方のわくのなかに、どんな植物がどれだけあるかを調べてみました。

 

 

▼水辺の足あと調査

 

 

水辺には、いろんな動物の足あとがのこっています。

タヌキとアライグマの足あとは、どうちがうかな?

残念ですが今回は、ゆうべの雨でほとんどの足あとがきえてしまっていました。

 

 

▼アメンボの観察

 

 

最後はアメンボの観察。

エンピツの先で水面をつつくと、アメンボがよってきます。

水に落ちた虫になりきって、はもんをつくるのがコツです。

 

 

「あ、ハンミョウがいるよ!」とジュニアの声。

 

小さなせせらぎですが、ひとたび雨がふると流れがかわるし、

そのまわりではいろんな生きものがくらしていますね。

 

来月は「池」の観察をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑の学校 その

緑との共生

 

6月4日、月曜日、晴れ。

 

日々の暮らしのなかで、私たちはどのように緑とかかわり、

緑からどのような恩恵を受けているでしょうか?

第3回の講座では、おもに緑の環境的役割について考えてみました。

 

 

湯浅先生のお話は、

「緑の環境的機能としては、CO₂の吸収が知られていますが、

鎌倉でもっとも多くのCO₂を排出しているのはなんだと思いますか?」

という問いかけではじまりました。

答えは「ヒト」。

 

 

鎌倉市民が排出するCO₂を吸収するためには、

直径30センチのオオシマザクラ45万本も必要だそうです。

 

 


人間は生きて呼吸しているだけで環境に負荷をかけているわけですが、

都市生活による自然環境の劣化は今、さまざまな問題をひきおこしています。

ヒートアイランド現象が問題となるこれからの季節、

緑は天然のクーラーとなってくれます。

 

 

 

対策の1つとして、屋上緑化や壁面緑化の例が紹介されました。

文化的にも心理的にも、私たちは緑からははかりしれない恩恵をえているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑のレンジャー・シニア その

森林のはたらき

 

 

5月19日、土曜日、曇り時々晴れ。

朝から蒸し暑い日。

 

 

緑のレンジャー・シニア講座の第2回目は「森林のはたらき」です。

 

 

木材などの生産の他に、

森林はどのような機能をもち、私たちの暮らしをどのように

守ってくれているのかを振り返ってみました。

 

 

「森林セラピー」や「森林のアメニティ機能」についての

話も聞きました。

この講座のなかでも、森の中で活動するすがすがしさを

実感していただけたらと思います。

 

 

講義の後は野外に出て、恒例の「島岡先生と見て歩く樹々」。

 

イヌシデ、シロダモ、ガマズミ、タブ、コナラ、クヌギ、ラクウショウ・・・。

さまざまな樹々に出会いながら、その特徴についてのレクチャーを受けました。

 

次回からは、いよいよ実習です。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑の学校 その

新緑を楽しむ

 

 

5月14日、月曜日。

昨日の豪雨がウソのように、みごとに晴れわたりました。

燃えるような緑に包まれて、佐助稲荷から源氏山公園へと歩き、

今年度はじめての自然観察会を行いました。

 

 

鎌倉らしい筑地塀をながめながら佐助隧道へ。

 

 

 

 

隧道を抜けた崖地では、イノデ、ゼンマイ、ミゾシダ、リョウメンシダ、ホウライシダなど多くのシダ類や

カラムシ、イヌショウマなどを観察。

 

 

 

塀の上にこぼれる花や門構えの風情を感じつつ佐助稲荷神社へ。

 

 

 

 

1年中水位が変わらないといわれる佐助稲荷の霊狐泉。

この水は佐助川からやがて滑川へと流れます。

 

 

リョウメンシダやジュウモンジシダを観察しつつ、銭洗い弁財天方面へ。

 

 

 

 

この崖にはスイカズラとテイカカズラが咲いていて、風にのって上品なよい香りがながれてきます。

 

 

源氏山に到着。

 

 

昼食のあとは、自然観察で使うルーペや双眼鏡、図鑑の話。そして解散場所の巽神社へ。

 

 

高い木のてっぺんからアカボシゴマダラ(夏型)が、帰途につく「緑の学校」を見送ってくれました。

おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



平成30年度こどもエコパーク2回目は・・・

平成30年5月13日(日) 天気:どんよりくもり空

今日のテーマは和賀江島で「磯あそび」!!

 

今にも雨が降り出しそうな雲行きですが、、、曇り

磯あそびスタートですGO

 

一度海に入ってしまえば、みんな夢中です。

なにかおもしろい生きものいるかな?

 

いたーーーー!!!びっくりびっくり

アメフラシ!30僂らいはあるでしょうか。

みんな、大興奮です!!!

 

見事な星型、イトマキヒトデ。

 

海藻(ワカメかな?)にくっついているコレなにか分かりますか?

実は、この白いプクッとしたもの、、、

イカの卵だそうです!!びっくり

初めてみました!!

 

みんな海からあがって、とれた生きものの発表です。

解説してくれたのは、日本大学の海洋生物を研究している学生さんです。

 

発表が終わったら、みんなでビーチコーミング。

おもしろもの、落ちているかな?

 

豆腐川の河口まできて終わりです。

雨も降りそうだったので、午前中で解散しました。

 

とにかく雨が心配でしたが、なんとかお天気ももってくれて

ホッほっとした1日でした。

海には本当にたくさんの生きものがいます。

見たことない、初めて出会った生きものたちに子どもたちも楽しんでくれたようですうっとり

 



緑のレンジャー・ジュニア その

和賀江嶋(わがえじま)で磯の生きものかんさつ

 

 

5月12日、土曜日、はれ。

今日のレンジャーは、和賀江嶋で磯(いそ)の生きもをかんさつしました。

 

 

和賀江嶋というのは、材木座(ざいもくざ)海岸にある日本最古の港のあと。

鎌倉時代、港をきずくために伊豆から運んできたといわれる玉石がごろごろしていて、

そのまわりでは、カニや貝、小さな魚が、手に取るようにかんさつできます。

 

 

 

 

 

「これはなんていうカニかな?」

 

 

 

アオサ、ワカメ、ヒジキ、アラメ、カジメ、トサカノリ・・・、

いろんな種類の海藻(かいそう)がうちあげられていました。

 

 

つかまえた生きものをみんなでかんさつ。

そのあとは、玉石のところにやさしくもどしました。

 

 

さいごは、毎年のように和賀江嶋にやってくるキアシシギのお話。

足についた緑色のフラッグで、2012年にオーストラリアで放(はな)たれたことがわかるとのこと。

今年もやってきたそうですよ。

キアシシギにとって、和賀江嶋はとても大事な土地なんですね。

 

 

いろんな生きものと出会ったり、とっても遠くからわたってくる鳥の話を聞いたりして、

ワクワクのジュニアでした。

 

来月は散在ガ池森林公園(さんざがいけしんりんこうえん)へ川をしらべに行きます。

おたのしみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



緑のレンジャー・シニア その

自然のしくみ

 

 

4月21日、土曜日、晴れ。

平成30年度の「緑のレンジャー・シニア講座」がスタートしました。

 

 

 

 

前半は『自然のしくみ』をテーマにした講義。

 

 

後半は、さわやかな風ふきぬけるなかで、樹々の野外観察をしました。

 

 

サクラの蜜腺を観察しています。

先生からは、

「手で触る、匂いをかぐ・・・、自然観察のコツは五感をフル活用すること」

とアドバイスがありました。

 

 

湿生花園にあるハンノキをながめています。

 

 

ヤブデマリの白が目立ちはじめました。

 

 

今、野外は緑の生命力に満ちあふれています。

来月のシニア講座は、『森林のはたらき』をテーマに、講義と野外観察を予定しています。

 

 



緑の学校 その

鎌倉のサクラ

 

 

4月16日、月曜日、晴れ。

 

平成30年度の「緑の学校」がはじまりました。

 

 

第1回目のテーマは「鎌倉のサクラ」。

講師は、『花おりおり』の著者、湯浅浩史先生です。

講義は50枚を超える美しいサクラの画像からはじまりました。

 

 

 

 

鎌倉の山を歩くとよく見られるオオシマザクラとヤマザクラ。

 

 

 

 

サクラの種類の見分け方。

 

 

鎌倉が発祥の地と言われるオオシマザクラ系の八重桜、「普賢象桜」のことなどなど。

 

 

後半は、「田の神様のとどまる場所」という「サクラ」の語源から、

花見の起源まで、興味のつきないお話がありました。

 

来月は自然観察。新緑を楽しみつつ、鎌倉らしい植生を見て歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/33PAGES | >>