わくわく花フェスタへ・・・

<花はな育て隊 4月24日>


4月29日に開催する「わくわく花フェスタ」のため、
寄せ植え鉢と、多肉植物のポット、キッチンガーデンポットを作りました。

どれも素敵な仕上がりになりました♪
みなさんぜひお越しください!




 


より景勝の地にふさわしい稲村ケ崎に!<木っこリーズサポート>



鎌倉海浜公園 稲村ケ崎地区
この公園は、新田義貞徒渉伝説の地であり、
江の島と富士山を望む見事な景色に多くの観光客や写真愛好家の訪れる景勝の地です。
そんなこの公園の定期的な管理を、
公園サポーター「木っこリーズサポート」の皆さんとともに行うことになりました。



実はこれまでもマツやアジサイの剪定管理などに長年携わってもらっていましたが、
より景勝の地にふさわしい公園づくりのため、
木っこリーズのみなさんとともに長期的な管理計画を策定し、
樹木の剪定管理だけでなく、階段や園路に溜まった砂の除去や除草、柵の修繕など
公園管理全般において定期的な管理を協力していただくことになりました。

木っこリーズのみなさんとは、こうした造園技術を学びながら
愛着のある自慢の公園を育んでいきたいと思っています。



階段の隅まできれいに除草したおかげで、写真が一段と映えて見えませんか?
これからより多くの方に愛される公園となるよう、こうご期待を。


清々しい一日

 12月2日(日)公園樹木の剪定ボランティア「やる樹会」による剪定作業を行いました。



今回の剪定箇所は、寺分口付近のマツの整枝剪定や落葉樹の剪定を行いました。



剪定作業もひと段落し、休憩していると後ろの方から「お手伝いさせて下さい」と小学生2人が近寄ってきました。

「どんなことをお手伝いしてくれるの?」と聞くと、

「何でもいいんです。お手伝いさせてください。」と目を輝かせ答えてくれました。

剪定ボランティアを10年以上していて、こうした体験は初めてのことなので、会員一同とても心を打たれ、嬉しく思いました。

小学生には、後片付けを一緒に手伝ってもらいました。

2人は熊手と竹ぼうきを上手に使って、散らかった剪定材や落ち葉を集めてくれて、大助かりで、いつもより早く作業を終えることができました。

通りかかった来園者の方からも「えらいね!」とやさしい声をかけてもらう場面もありました。

作業を終えると、お手伝いをしてくれた2人に仲間が持ち合わせたお菓子と軍手をプレゼントし、「また来てね」と声をかけて分れました。

その日一日清々しい気持ちになり、忘れられない一日になりました。


| 1/1PAGES |