緑のレンジャー・ジュニア その

野鳥の巣箱のかけかえ

 

 

12月10日、土曜日、晴れ。

 

緑のレンジャー・ジュニアは、

毎年、巣箱がからっぽになる冬に、

鎌倉文学館の庭にかけた野鳥の巣箱の手入れをしています。

 

 

シジュウカラのための巣箱ですが、木からおろしてふたをあけてみると、

この巣箱を利用した生きもののこと、周辺の自然のことがわかります。

 

 

巣の材料としては、

コケやシュロなどの自然素材もありますが、

グラスウールなども使われています。

 

 

「小さなくちばしで、何回くらい材料を運んだんだろうね」

 

 

 

巣箱をおろす人、かける人。

巣箱の高さや方角をはかる人、記録する人。

はしごもみんなで運びます。

巣箱のかけかえは、レンジャーが力をあわせる協働作業(きょうどうさぎょう)です。

 

 

おつかれさまでした。

きれいになった巣箱に野鳥がはいってくれるといいですね♪

文学館のみなさん、ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック