緑のレンジャー・ジュニア その

森の手入れを体験しよう

 

1月14日、土曜日、晴れ。

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしく.

 

 

 

今年最初のジュニアレンジャーの活動は、木こり体験。

いつも源氏山公園で緑の手入れをしているシニアレンジャーOBの指導で、

森の手入れを体験しました。

 

 

なぜ緑の手入れが必要なのか?

森の手入れをする理由、刃物の安全なもちかた、安全な切り方をおそわります。

 

 

げんばにとうちゃく。

 

 

ふえすぎたアズマネザサをザクザクかりこみます。

 

 

うす暗い地面に陽の光をあてるために、

次に交替でノコギリを入れて、ヒノキを切りたおします。

 

 

たおす方向をみちびくためのロープを、みんなで力をあわせてひきます。

大きな地響きを立てて木がたおれました。

 

 

 

たおしたヒノキは切り分けてかたづけます。

 

 

さいごはロープワーク。

きこり結び、もやい結びなどをおそわりました。

おうちでも練習してみてください。

 

寒さのなか、ジュニアはいきいきとからだを動かしていました。

OBのみなさん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック