緑のレンジャー・ジュニア その

野鳥の巣箱づくり

 

5月13日、土曜日、雨。

天気さえよければ今日は和賀江島で、磯の生きもの観察をする予定でしたが、あいにくの雨。

予定を変更して、中央公園で、「野鳥の巣箱づくり」をすることになりました。

毎年12月にジュニアレンジャーがかけかえをしている鎌倉文学館の巣箱を新しくするのです。

 

 

刃物(はもの)も使うむずかしい作業なので、先生の説明を熱心に聞いています。

 

 

図面を見て、板の上に巣箱の寸法(すんぽう)をとります。

 

 

ノコギリのつかいかたを習います。

 

 

まっすぐにノコギリをひくのがなかなかむずかしい・・・。

 

 

手回しのドリルで穴をあけます。

板が動かないように、みんなでしっかり押さえます。

 

 

キリも使います。

 

 

どの班もチームワークよく、根気強くがんばりましたが、

時間がたりなかったので巣箱はまだ未完成。

雨天活動の時に続きをやりましょう!


 

来月は、今日行けなかった和賀江島に行く予定です。

上の写真は昨日下見をしたときの和賀江島のようすです。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック