緑の学校 その

緑のとの共生

 

 

6月5日、月曜日、晴れ。

本日の湯浅先生の講義は、「緑との共生」。

 

私たち人間はどのように緑とかかわり、どのような恩恵を受けてきたか。

 

緑の機能と役割を検証してみました。

 

 

 

緑が失われると、都市生活にさまざまな問題を引き起こします。

 

 

かつては人が手を入れながら茅場などに利用してきた「外山」。

そういう草原が失われたことは、生物多様性の上からもたいへん懸念される問題だということです。

 

 

 

日本の山々を席巻する勢いのモウソウチクのコントロールにも、いくつかの提言がありました。

 

 

 

 

 

「身近な緑は世界とつながっている」という湯浅先生の言葉が、印象に残りました。

 

次回の緑の学校は6月12日。

稲村ケ崎の海辺を歩きながら、海岸性の動植物や海藻を観察します。

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック