緑のレンジャー・ジュニア その

和賀江嶋(わかえじま)で磯(いそ)の生きもの観察(かんさつ)

 

 

6月10日、土曜日、晴れ。

今日は大潮(おおしお)。

磯(いそ)の生きものかんさつには最高の日です。

 

 

和賀江嶋は、材木座海岸にある日本最古の港の遺跡(いせき)。

潮がひくと、ごろごろした丸石が顔を出します。

そして、石のあいだにはいろんな生きものがいて、

手にとるようにかんさつすることができます。

 

 

アッ、丸石のあいだに、タコくん発見!

逃げおくれちゃったんだね〜。

 

 

 

ジュニアは生きものさがしに夢中です!

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤドカリやカニ、ボラ、アゴハゼ、アオウミウシ、ムラサキウニ・・・・。

 

 

見つけた生きものをみんなで集まってかんさつ。

 

 

かんさつした後は、もといた場所にかえしにいきました。

タコくんはなるべく深いところに・・・。

 

 

そのあとは海藻(かいそう)のかんさつ。

アラメ、カジメ、トサカノリ・・・、

いろんな色や形があります。

 

 

和賀江嶋には海と川をおうふくしてくらす生きものも数多く見られます。

いろんな生きものやそのくらしと間近にふれあった日。

どの生命(いのち)もきらきらとかがやいていました。

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック