緑の学校 その

海辺を歩く ――稲村ヶ崎――

 

 

6月12日、月曜日。

ニュースで「梅雨入りしました」と聞きましたが、

ラッキーなことに今日は晴れました。

本日の緑の学校は、稲村ヶ崎の潮風に吹かれながら海辺の自然観察です。

 

 

強い日射しや、温度変化、潮風にさらされるなど、

きびしい自然のなかで生き抜いている海辺の植物を観察しました。

 

 

ハマボッス                   ハマヒルガオ

 

 

ツルナ                     ボタンボウフウ

 

 

ラセイタソウ                  タイトゴメ

 

 

イワダレソウ                  ハマウド

 

 

稲村ヶ崎と七里ヶ浜の間に注ぎこむ音無川の河口を観察。

すぐ上をルート143が走っているとは思えないような風景です。

 

 

遠景に見える江ノ島。潮はどんどん引いています。

 

 

 

打ち上げられた海藻をひろって、稲村ヶ崎にもどりました。

 

 

午後からは海藻教室。

 

 

緑藻、褐藻、紅藻。30種近くの海藻を拾いました。

 

  

 

海藻押し葉の作り方も教わりましたので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

お疲れさまでした。

鎌倉ならではの海辺の自然観察、堪能していただけましたでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック