緑のレンジャー・ジュニア その

池のタニシを数えよう

 

 

7月8日、土曜日、晴れ。

鎌倉中央公園では、池の富栄養化(ふえいようか)を防ぐために、

毎年夏に、下池の水抜きをしています。

今日は、この機会を利用して、日ごろは入れない池に入り、

池の生きものを観察しました。

 

 

「この池にはオオタニシがいて、毎年、緑のレンジャーたちが、個数や大きさ、重さをしらべています。

 下池は、神奈川県内でも最大のオオタニシの生息地です」

と、指導員の先生。

 

 

「歩くときは、つま先から入って、かかとからぬくんだよ」

泥の中を歩くときのコツをおそわっています。

 

 

指導員の先生の後に続いて、しんちょうに池に入っていきます。

 

 

 

池のまわりには、

シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボがいました。

 

 

「あ、あそこにいるぞ!」

どろんこになりながら、大奮闘(だいふんとう)。

オオタニシをすくっています。

 

 

「やや、きょうはなんだかさわがしいぞ・・・」と、ウシガエルも顔を出しました。

 

 

すくったオオタニシをかぞえてみると、生きてるのが22個。死んでるのが56個。

 

 

今年、一番大きなタニシを計測。

ヨコは約4.1センチ、タテ6.2センチ。

重さは42.8グラム。

全体数は少なかったけど、赤ちゃんタニシもいましたよ。

 

これで、緑のレンジャー・ジュニアの活動は夏休みにはいります。

9月は、鎌倉広町緑地へ行きます。

元気でね〜!

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック