緑の学校 その

初秋の鎌倉広町緑地

 

 

9月4日、月曜日、曇り時々雨。

後期の緑の学校は「鎌倉広町緑地」からスタートです。

 

 

午前中は、きはちの窪から反時計回りでうさぎ山の尾根道に出る周回路を歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

下見の時は暑さを心配しましたが、この日、広町の草花たちはすっかり秋の装いです。

前夜の雨のせいでしょうか、しっとりと瑞々しく潤っています。

 

 

 

午後からは、御所谷方面の観察。

 

 

 

 

 

 

市民の方々の活動によって田んぼや畑が維持されているからこそ、

虫も、小動物も、植物も、人をも含めた里山の豊かな生態系が残されています。

 

 

観察会も終わるころ、大粒の雨がふってきて大エノキの下で雨宿り。

 

 

大エノキは実をいっぱいつけていました。

 

来月は鎌倉中央公園です。

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック