緑のレンジャー・シニア その

枝払い・間伐  ――散在ガ池森林公園――

 

 

9月23日、土曜日、雨のち曇り。

今日のシニア講座は、先週の公園巡回で選んだ枯損木の処理。

 

 

印をつけた木を見ながら、木を伐るためのプランニングをします。

 

何が問題なのか?

まわりの環境はどうか?

どちらに倒せばいいか?

どのような道具が必要か?

 

 

 

周辺の枝や下草を整理し、作業環境を整えてから、交替で鋸を入れます。

 

 

受け口・追い口をつくって、うまく伐倒できました。

 

 

伐倒した木は、玉切りにして処理。

 

 

切り株の年輪を読みながら、その木がたどってきた歳月や環境のことを話し合っています。

 

 

池の畔でお弁当を食べたあと、午後はロープワークを練習しました。

 

来月は、造園のプロに「吊るし切り」の方法を教わります。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック