緑のレンジャー・ジュニア その

天園ハイキングコースのパトロール

 

 

2月10日、土曜日、晴れときどきくもり。

今日のジュニアレンジャーは、天園ハイキングコースをパトロールしてきました。

 

  

  

 

コースは、

大塔宮→永福寺跡(ようふくじあと)→獅子舞→天園ハイキングコース→覚園寺→大塔宮。

 

鎌倉市二階堂の歴史的風土特別保存地区(れきしてきふうどとくべつほぞんちく)から

鎌倉アルプスと呼ばれる天園ハイキングコースの大平山へのルートです。

 

指導員の先生たちと、倒木(とうぼく)や崖崩れ(がけくずれ)などをチェックして、

動植物のようすを観察しながら歩きます。

 

 

「ほら、一番赤いアオキの実には、野鳥のかみあとがあるよ」

 

 

「タヌキの足あとがあるよ。見える?」

 

 

 

「川が階段状(かいだんじょう)になってるね」

 

 

鎌倉武士がよろいをつけて出てきてもおかしくないような風景。

 

地層がはっきりと見えていて、しかも地層ごと水の流れと逆方向にななめに傾いています。

そして、いろんな種類のシダがおいしげっています。

 

「ここは切通しなの?」

「誰かがほったの?」

 

「おもしろい形してるね!」

「何ていうシダ?」

 

次々と質問がとびだします。

 

 

初冬になると黄葉した葉っぱをふらせて、獅子舞(ししまい)の地面を黄色くそめるイチョウの木。

幹(みき)の太さをはかってみたら、3メートル近くありました。

 

 

扇(おおぎ)形に広がった鎌倉の街(まち)と海が見えるところ。

お弁当まであと一息(ひといき)です。

 

 

このてっぺんが、大平山の頂上、159.2メートル↑。

 

 

山道のとちゅうには、行く手をさえぎるような大きな岩がどっかりと・・・。

 

 

「ここは小さきときに来たことがあるよ」

「こんなところ、はじめてだよ」

「もっとゆっくり来たいなあ」

 

いろいろな感想が聞こえてきた帰り道でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック