緑の学校 その

緑との共生

 

6月4日、月曜日、晴れ。

 

日々の暮らしのなかで、私たちはどのように緑とかかわり、

緑からどのような恩恵を受けているでしょうか?

第3回の講座では、おもに緑の環境的役割について考えてみました。

 

 

湯浅先生のお話は、

「緑の環境的機能としては、CO₂の吸収が知られていますが、

鎌倉でもっとも多くのCO₂を排出しているのはなんだと思いますか?」

という問いかけではじまりました。

答えは「ヒト」。

 

 

鎌倉市民が排出するCO₂を吸収するためには、

直径30センチのオオシマザクラ45万本も必要だそうです。

 

 


人間は生きて呼吸しているだけで環境に負荷をかけているわけですが、

都市生活による自然環境の劣化は今、さまざまな問題をひきおこしています。

ヒートアイランド現象が問題となるこれからの季節、

緑は天然のクーラーとなってくれます。

 

 

 

対策の1つとして、屋上緑化や壁面緑化の例が紹介されました。

文化的にも心理的にも、私たちは緑からははかりしれない恩恵をえているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック