緑のレンジャー・ジュニア その

池のタニシを数えよう!

 

 

7月14日、土曜日、晴れ。

朝から暑い〜!

(ちなみに今日は35℃をこえたそうです)

 

鎌倉中央公園ではこの時期、

池の水がくさったり、酸欠状態(さんけつじょうたい)になるのをふせぐため、

下池の水ぬきをしています。

 

この機会を利用して緑のレンジャー・ジュニアは、

日ごろは入れない池に入って、生きもの調査をしています。

 

 

 

まず、水の抜けた池の状態を観察します。

 

 

おび状のラインはミシシッピーアカミミガメなどの生きものが動いたあと。

この池は、鎌倉市内でただ一つのオオタニシの生息地(せいそくち)だそうです。

 

 

いよいよ、池にはいります。

底には泥(どろ)がたまっているため、

足をとられないように、慎重(しんちょう)に進みます。

 

 

だいぶん進んできました。

「あ、オオタニシ、いた!」という声がきこえてきます。

みんなの気配にびっくりしたウシガエルが、ウサギみたいに水面を飛んでいきます。

 

 

 

 

ハリギリの枝にはカワセミ。水面のあちこちをシオカラトンボが行きかっています。

 

 

そろそろ池からあがる時間です。

 

 

この日見つけた生きものをみんなで観察。

 

 

 

オオタニシを計測しました。

生きたものは12個。

最大のもので、長さ64.7弌△呂44.4弌

例年より数が少なく、小ぶりでした。

 

 

他には、マシジミのからと、アメリカザリガニなど。

あとで指導員の先生が、ヨシノボリとギンブナをすくって見せてくださいましたが、

生きものの種類と数が少なくなっているようです。

ちょっと心配ですね・・・。

 

これで緑のレンジャーの活動は夏休みに入ります。

次回は9月、由比ヶ浜でビーチコーミングをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック