緑のレンジャー・シニア その

救命講習会

 

 

7月21日、土曜日、晴れ。

猛暑が続いています。

今日の緑のレンジャーは、大船消防署で普通救命講習を受けてきました。

 

私たちは日常生活のなかで、いつ何時、救急車を呼ばなくてはならないような事態と

遭遇するかもしれません。

そういうときに、臆することなく、適切な行動をとることができるように、

緑のレンジャー・シニア講座では、カリキュラムのなかに救命講習会を取り入れています。

 

 

 

まずは119番の通報の仕方から。

通報しながら救命処置をする方法を職員のかたに、指導していただきました。

 

  

 

「胸骨圧迫」「人工呼吸」「AED装着」、救命士の方の模範を見てから、

「救急蘇生法」の手順を実体験してみました。

 

 

 

救命士の方が言われた大切なこと。

・完璧にできなくてもやる。

・助けを呼ぶ。

・呼吸を確認できなかったら胸骨圧迫、「強く、早く、絶え間なく」。

 

 

優れもののAED装置も、実際に体験していないと、いざというときに、

ちょっと手が出ないかもしれません。

やってみることの大切さを痛感しました。

 

これで緑のレンジャー・シニア講座は夏休みに入ります。

次回は9月、散在ガ池森林公園でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この記事のトラックバックURL
トラックバック