緑のレンジャー・シニア その

公園管理作業

 

11月17日、土曜日、晴れ。

長期予報では、あやしいお天気で心配しましたが、

さわやかなレンジャー日和となりました。

 

 

今日の講座は、これまでの実習の総まとめでもある公園管理作業です。

場所は鎌倉中央公園の「子供の森」。

自分や一緒に作業する人の安全はもちろんですが、「公園」ということもあり、

来園者の安全や見た目の美しさなども考慮して作業に当たらなければなりません。

 

 

 

「現場を見て、手入れが必要な木を見つけ、処理方法を考え、安全に作業する」

という一連の作業を受講者が中心となってやってみます。

 

 

 

2班に分かれ、「子供の森」で作業開始しました。

 

 

 

 

1つの班は園路からの見通しを悪くしているスダジイやイヌビワを処理。

 

 

 

もう一つの班は、伸びすぎたタブノキの枝打ち、枯れ枝・枯損木の処理をしました。

 

 

作業後、道具の手入れは念入りに。

 

 

 

午後は講師とともに、語らいとロープワークの時間。

 

小春日和のなか、気持ちのいい汗を流し、充実した時間となりました。

安部先生、小沢先生ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック