緑のレンジャー・ジュニア その

森の手入れを体験しよう!

 

 

1月12日、土曜日、くもりときどき小雨。

と〜っても寒い朝でしたが、レンジャー・ジュニアは源氏山公園で、

木こり体験をしました。

指導してくださったのは、NPO法人「鎌倉みどりのレンジャー」のみなさんです。

 

 

 

「どうして緑の手入れがひつようなのか?」とか、

「安全(あんぜん)な刃物(はもの)の使い方」についてのお話をききました。

 

 

 

体操(たいそう)して身体(からだ)をほぐし、

 

 

 

まず、かりこみバサミでアズマネザサの下草(したくさ)かりをしました。

切り口をくつでふみぬかないように、地面と平行に切ることが大切なポイントです。

 

 

 

つづいて、ヒノキの間伐(かんばつ)。

順番(じゅんばん)にのこぎりをいれていきます。
ぷ〜んとヒノキのいいにおいがしてきました。

 

 

 

ウンショ、ウンショ。

安全な方向に木がたおれるように、みんなで力をあわせてロープをひきます。

 

 

 

ぶじたおれたヒノキは切りやすい長さにしてもらったあと、

 

 

わぎりにして、なべしきをつくりました。

みんなすごくがんばりました!

 

 

 

NPO法人鎌倉みどりのレンジャーのみなさんには、レンジャーマークの

焼印(やきいん)がはいったコースターをいただきました。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック