緑の学校 その

鎌倉のサクラ

 

4月15日、月曜日、晴れ。

2019年度の緑の学校がはじまりました。

 

 

第1回目のテーマは「鎌倉のサクラ」。

湯浅浩史先生の講義です。

 

 

気温の低い日が続いているため、例年より長くサクラの花を愛でることができます。

サクラ咲くなかの、サクラの講義となりました。

 

 

前半は「サクラ」の語源から。

サクラの「サ」は稲作の神に由来し、

「クラ」は、その神の座る場所。

サクラの花は、秋祭りで帰って行った稲作の神様が帰ってくる目印。

花見の起源は、豊かな実りをもたらしてくれる「予祝」、とのことです。

 

 

鎌倉の山々によく見られるサクラの種類、その特徴や見分け方についての説明がありました。

 

 

鎌倉を発祥の地とするオオシマザクラ系の八重桜「普賢象」については、

 

 

古い地図の材木座4丁目あたりに「普賢象山」という名が実在したことなどなど・・・

興味の尽きない、2時間の講義でした。

 

座学と自然観察の「緑の学校」、次回は、自然観察『新緑を楽しむ』。

御成町、佐助、源氏山公園を歩きます。

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック