緑のレンジャー・ジュニア その

散在ガ池森林公園(さんざがいけしんりんこうえん)の

川を調べてみよう!  

 

 

6月8日、土曜日、小雨のちくもり。

今日のジュニア・レンジャーは、雨あがりの散在ガ池森林公園で、

川を調べてみました。

 

 

川はまっすぐかな? それともクネクネしてる?

水はすきとおってる? にごってる?

においは?

岸や底はどうなってる?

まわりのようすは?

野鳥の声は聞こえる?

 

目、耳、はな・・・、すべての感覚(かんかく)をつかって、よ〜くかんさつします。

 

 

水温(すいおん)、流れの速さ、水質(すいしつ)を調べました。

 

 

ここにはどんな生きものがいるのかな?

1メートル四方のワクを作って、あみじゃくしで川底をすくってみました。

 

 

マシジミ、カワニナ、カワゲラ、コオニヤンマ、サワガニ、ミルンヤンマ、

カゲロウがいました。

 

 

流れのそばの湿地(しっち)にはえているハンノキ。

 

 

 

フロッタージュという方法で、

葉っぱのかたちや葉脈(ようみゃく)をうつしとって、

かんさつしました。

 

 

こちらは植物調査。

1メートル四方のなかに、どんな植物がどれだけあるかを調べました。

 

 

――かんさつした自然を科学的にうけとめて記録する――、

科学レンジャーとして大活躍のジュニアたちは、おなかペコペコ。

このあとみんなで、おいしいお弁当をたべました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック