緑のレンジャー・ジュニア その

由比ヶ浜で、ビーチ・コーミング

 

9月14日、土曜日、くもり。

台風15号のあとはカンカン照りですごく暑かったのですが、

今朝はちょっとすずしくて、ほっとします。

 

 

今日のジュニア・レンジャーは由比ヶ浜の海岸でビーチ・コーミングをしました。

 

 

「ビーチ・コーミングって、なにするの?」

とジュニアからの質問。

 

「浜辺で漂流物(ひょうりゅうぶつ)をひろいあつめることです」

「でも、キケンなものもあるから、知らないものは大人の人に声をかけてね」

と指導員の先生から説明がありました。

 

 

ビーチ・コーミング開始。

 

 

「見て、おもしろいかたちの貝があるよ」

「いっぱいあなのあいた石がある」

「これは、なにかの骨かな?」

みんな夢中(むちゅう)です。

 

 

さいごに、集めたお宝を見せあいます。

 

カコボラ、オオヘビガイ、バフンウニ、ムラサキウニ、フジツボ、ツノガイ、

クチベニガイ・・・、そして由比ヶ浜といえばやはりサクラガイ。

実物貝図鑑(じつぶつかいずかん)で名前をしらべてみました。

 

ゴミボールじょうたいのクリのイガ、スポンジみたいなカイメンもありました!

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック