緑のレンジャー・ジュニア その

鎌倉文学館で、野鳥の巣箱をかけかえました!

 

 

12月14日、土曜日、はれ。

 

ジュニアレンジャーは、鎌倉文学館にかけている野鳥の巣箱を

あたらしい巣箱にかけかえました。

 

あたらしい巣箱は、前回の活動で手作りしたものです。

 

かけかえの作業の手順

 

 

〜稟△鯡擇らおろす

 

∩齋蠅梁腓さをはかる

 

 

A稟△鬚△韻董△覆のようすをかんさつする。

 

 どんなじょうたいかな?

 どんな材料が使われてるかな?

 

 この巣箱はどうやら野鳥ではなく、リスに利用されてしまったようです。

 

 

い△燭蕕靴ち稟△鬚ける

 

チ齋蠅旅發気鬚呂る

 

α齋蠅諒角をはかる

 

巣箱はぜんぶで7つ。

ジュニアは交代しながら、指導員の先生といっしょに作業し、かんさつし、考え、

はかり、記録しました。

 

 

おべんとうのあとは、「わたしのことり」という紙しばい。

野鳥のヒナのお話です。

みんな熱心に聞き入っていました。

 

おつかれさまでした。

よいお年を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック